デザインコンペ | 一般社団法人 日本膜構造協会

膜構造建築物は、屋根や外壁に膜材料を用いた建築物で建築分野における新しい技術です。

日本膜構造協会にて、開催実施いたしました。デザインコンペは以下となります。

膜・空間デザインコンペ

2011年7月16日(土) 東京都江東区南砂の東陽町インテスにて

入賞作品の提案者・所属

テント倉庫デザイン創意工夫コンテスト

2007年12月19日(水) 

テント倉庫は、低コストで施工期間が短い等の理由から各地で利用されていますが、いずれも 目立たないよう単調なデザインに終始している現状です。
日本膜構造協会では、昨年12月に「テント倉庫景観配慮指針」を取り纏めたのに続き、今般、テント倉庫・荷捌施設(以下「テント倉庫など」と総称)のデザイン(環境・景観対策を含む計画設計)の創意工夫を促すため、会員を対象に「テント倉庫デザイン創意工夫コンテスト」を実施いたしました。

審査結果

最優秀賞(賞金10万円)

  • 「被災地に咲く花」 堀 良平、塩野友嗣、田中匠、望月綾子 (株式会社竹中工務店)

優秀賞(賞金5万円)

  • 「SKELETON」 吉田博則、佐々木健友(太陽工業株式会社)
  • 「COLOR×COLOR」 中楯哲史、大石卓人、松田拓郎、金箱康幸、宮下信顕 (株式会社竹中工務店)

佳作(賞金3万円)

  • 「ソウコのモリ」 花原裕美子、加世田朋子、出水里枝(鹿児島大学)
  • 「海馬―記憶の倉庫」 胡 実、川田知典 (東京大学大学院)
  • 「Minato Mirai Membrane」 重松瑞樹、加藤忠弘、古矢渉、村山真理、加留部秀岳 (慶応義塾大学)
  • 「5年後のテント倉庫」 吉川和博、新 修一、柴田隆之 (高島株式会社)

(以上入賞 以下選外は所属を割愛)

努力賞

  • 「亀をデザインした形状」 加藤 茂

審査委員推薦

※選外ながら審査委員の推薦により優れた提案として掲示

  • 「LOGISTIC CLOUD」 大石卓人、松田拓郎、小澤宣行、中楯哲史、宮下信顕
  • 「RING SHELTER~街に開かれた荷捌き場」 阿部克紀、桑原裕彰、福永和久、高橋和夫、向井浩一
  • 「空/風呂敷」 小杉嘉文、脇田正成
  • 「EARTH BOWL」 松田拓郎、大石卓人、金箱康幸、中楯哲史、宮下信顕
  • 「蔵(ソーコ)」 吉村一彦、秀島卓郎、川崎美紀子

まちなか施設デザイン

2007年1月29日(月)

審査結果

最優秀

  • 「Air Shell」田中剛、池田健太郎、寺崎雅彦(いずれも東京大学大学院)

優 秀

  • 「木の下のリビングルーム」真泉洋介、甲斐淳一、原田友加里、 本田雄三、吉田有希、Fela Warouw(いずれも千葉大学大学院)
  • 「cloud tent」北村直也(フリーランス)

佳 作

  • 「アーチの森」桑田豪(桑田豪建築設計事務所)
  • 「折版のパビリオン」松岡聡、田村裕希(松岡聡+田村裕希/松岡聡田村裕希)
  • 「森のなかを歩く」森山一、江村哲哉(いずれも東京大学大学院)
  • 「凹/紡ぐ バスストップ」伊原慶(大成建設株式会社)、吉川渚(株式会社船場)
  • 「自然と共生するモールオーニング」斎藤正樹(株式会社ディアアソシエイツ)
  • 「foliage<<群葉>>」尾崎尋彦(東北芸術工科大学大学院)、近藤充(株式会社羽田設計事務所)