膜構造建築物は、屋根や外壁に膜材料を用いた建築物で建築分野における新しい技術です。

編著 「膜材料試験法作成委員会」(委員長 石井一夫)
 発行 (社)日本膜構造協会
発行年 2003年

 「膜材料の品質及び試験方法」は、膜構造に用いる構造材料としての膜材料に必要と考えられる品質、性能項目を当協会であげ、それに対する試験方法の詳細を示している。試験項目は、これまでの「特定膜構造建築物」で規定された項目及び諸外国の試験項目を勘案して決め、試験項目には、JIS、ISO等にも含まれないが、膜構造用膜材料として是非必要な試験項目と試験方法も示されている。
 膜構造の構造耐力上主要部分に用いる膜材料の品質、性能の試験方法を規定したものでは、国際的にも唯一のもとなっている。
 また、これら試験項目は膜構造の告示(平成12年建設省告示第1446号 別表第二の膜材料及びテント倉庫用膜材料)の内容とも一致した品質項目である。告示に示されている測定方法は概略であり、本試験法標準は告示の測定方法の詳細を示しているため、膜材料の試験時には、本試験法標準は必須のものとなる。

<目次>
1 適用範囲
2 試験室または装置及び試料の標準状態
3 試料の採取
4 外観
5 質量
6 コーティング材及び基布質量
7 厚さ
8 織糸密度
9 布目曲り
10 引張強さ及び伸び率
11 引裂強さ
12 コーティング層の密着強さ
13 耐吸水性
14 接合部引張強さ
15 接合部耐剥離強さ
16 高温時引張強さ(母材及び接合部)
17 湿潤時引張強さ(母材及び接合部)
18 耐引張クリープ性(母材及び接合部)
19 耐繰返し引張疲労性
20 耐屈曲性
21 耐繰返し折曲げ性
22 耐もみ性
23 耐摩耗性
24 耐水性
25 耐寒性
26 耐薬品性
27 耐候性:大気暴露(母材及び接合部)
28 耐候性:人工促進暴露(母材及び接合部)

A4版62頁  価格 会員価格 3000円 非会員価格5000円