膜構造研究レビュー2000 | 一般社団法人 日本膜構造協会

膜構造建築物は、屋根や外壁に膜材料を用いた建築物で建築分野における新しい技術です。

編著 膜構造調査・研究委員会(主査 大森博司)
 発行 (社)日本膜構造協会
発行年 2000年

これまで、膜構造に関しての多くの論文があり、これらを有機的、体系的に整えることを目的とし、これらの論文の分類と論文内容のレビューをまとめている。
膜構造研究の全体がわかる。

<目次>
1総論
 1.1計画・設計
 1.2膜構造システム設計
 1.3施工法・維持管理・補修
 1.4設計基準
 1.5設計事例紹介
 1.6事故例報告
2膜構造システムの開発
 2.1サスペンション膜構造
 2.2空気膜構造
 2.3骨組膜構造
 2.4複合膜構造
3荷重
 3.1風荷重
 3.2雪荷重・滑雪・融雪
4材料
 4.1試験装置
 4.2膜材料の防汚性と耐久性
 4.3膜材料開発
5理論解析
 5.1総論
 5.2応力解析
 5.3形態解析
 5.4振動
 5.5しわ・畳み込み
 5.6裁断図
 5.7構成則
 5.8施工解析
6実験
 6.1弾塑性・粘弾性
 6.2しわ
 6.3破断

A4版 159頁 価格  会員価格 7000円 非会員価格 9000円